Accessibility

島田市立初倉小学校WEBサイトです

HOME学校案内学校長あいさつ

学校長あいさつ

 学校長あいさつ (学校だより1月号より) ※毎月更新していきます

 

旧年中は大変お世話になりました。

    本年もよろしくお願いいたします

 

 1月6日(月)、初倉小学校の令和2年がスタートしました。冬休み明けなので、眠たそうな顔をして登校してくるかなと予想していましたが、いえいえ、どの子もみんな満足そうな笑みを浮かべ、昨年末より大きな声であいさつができる子供が多かったです。中には、「おはようございます」ではなく、「おめでとうございます」とあいさつを返してくれる子もいました。きっと冬休みを家族と楽しく過ごし、「今年は○○をがんばる」と言った新年の抱負をしっかりともって、登校してきたのでしょうね。

 

  学校再編に向けて

 さて、昨年8月30日付けで、市教育委員会より、「島田市立小中学校再編計画について(お知らせ)」を関係学区の全保護者に配付され、湯日小学校と初倉小学校を令和3年4月に統合することが正式決定されました。その後、カリキュラム等検討委員会が設置され、統合に向けて必要な協議を重ねてまいりました。

 12月13日には、教育委員会が事務局となり、湯日小・初倉小両校の自治会代表、PTA代表、学校代表が集まり、初倉地区小学校統合準備協議会が開かれ、学校名、校歌、スクールバスの運用方法等について話し合いが行われました。12月16日には、統合準備協議会を受けて、初倉地区学校カリキュラム等検討委員会を開き、以下のように検討委員会としての意見を決定しました。

テキスト ボックス: 1 学校名について …… 「初倉小学校」とする
 理由1 初倉小も湯日小も同じ初倉地区の小学校であり、両校のほとんどの卒業生が通う中学校も「初倉中学校」で「初倉」という地名を使用しているから。
 理由2 初倉地区は、初倉南小学校との再編についても検討が継続されている。仮に新しい校名を考えても、もし再編となれば、再度同様のことを話し合い、校名が変更となる可能性もある。今後の流れを考えると、現時点では、新しい校名にすることは控えた方がよいと考えられるから。
2 校歌について …… 今の初倉小校歌を使用する
 理由1 現初倉小校歌の歌詞は初倉地区限定の内容ではなく、初倉地区全体に当てはまる歌詞の内容であるから。
 理由2 校名についての考え方と同様、初倉南小学校との再編についても検討が継続されており、もし新しい校歌を作ったとしても、再度変更する可能性があるから。
3 スクールバスについて
 ・初倉小側のバスの通り道及び出入りについて、登下校時の安全確保のために担当課にも連絡を取る。
 ・スクールバスについては、「湯日小の児童のみが乗車する」とする。(「湯日小児童にスクールバスを運行する」ことが、統合にあたっての条件であるため)
 ・乗降場所については、現在、検討している候補地を中心に選定を進める。

※ 上記の検討委員会の協議内容の内、学校名については教育委員会定例会での協議事項として提案を行い、協議が行われました。
 

 ( 校長 萩原 一広 )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2020年1月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8