Accessibility

島田市立初倉小学校WEBサイトです

HOME学校案内学校長あいさつ

学校長あいさつ

 学校長あいさつ (学校だより7月号より) ※毎月更新していきます

朝霧自然体験教室で学んだこと

 

  6/24(月)~26(水)、5年生は県立朝霧野外活動センターにて2泊3日の宿泊活動を体験してきました。4年で宿泊活動をしていない子供たちですから、初めての集団宿泊活動となりました。

 翌日、学校で宿泊活動の写真を整理しながら、『この宿泊活動は子供たちにどのように記憶されるのだろうか』とふと考えました。非日常的な空間で、全く初めての経験をしたり、何か思いもよらぬハプニングが起きたりしたとき、人間の脳裏には、1枚の写真のようにその場面が鮮明に記憶されるといいます。

 子供たちの記憶に残りそうな活動や出来事を探ってみました。

① 初めての体験

 ・キャンプファイヤー

 ・集団生活(食事・風呂・身支度・宿泊)

 ・乳しぼり、牛への草やり、トラクター乗車

  ・冒険ラリー活動

 ② ハプニング

  ・雨の蝙蝠(こうもり)穴探検

  ・霧に包まれた少年自然の家

  ・ウサギ、キジ、…に遭遇

 ③ 成功体験

  ・式で自分のやるべきことをやり遂げた。

  ・キャンプファイヤーの係をやり遂げた。

  ・係(班長・食事長・整頓長・副班長)室長の    

   仕事をやり遂げた。

 ④ 協力体験

  ・朝霧探検隊(行程14㎞)で、途中でくじけ 

   そうになったが、班の仲間が自分を支えてく 

   れ、最後までやり遂げられた。

 

  自然に学び、人に学び

 子供たちは、学校生活では味わえないたくさんの経験を積みました。自立する心、自分を律する心、集団の一員として自分のやるべきことをやり遂げる責任感、そして、何より人と協力するために自分に何ができるか考える力。これらが、子供たちの脳裏に焼き付いた鮮明な思い出と共に、子供たちの「自分は(自分たちは)やればできるんだ」という気持ちを育んでいくのではないでしょうか。今後の5年生の活躍が楽しみです。         (校長 萩原 一広)

 

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2019年8月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
1 2 3 4 5 6 7