Accessibility

島田市立初倉小学校WEBサイトです

HOME学校案内学校長あいさつ

学校長あいさつ

 学校長あいさつ (学校だより3月号より) ※毎月更新していきます

 

『 融 合 』

昨年3月末、私は新任校訪問で初倉小を訪れました。最初に私を出迎えてくれたのが、玄関手前の学校掲示板でした。

 
 

 初倉小学校は学校と保護者、地域が共に学び、共に協力し合いながら、「地域に生きる子供を育てている」学校

 

 

 

 

 私の目に飛び込んできたこの言葉。とても印象的でした。初倉小学校は地域に根ざした、地域と融合した学校なのだと感じました。それから1年、保護者の皆様、地域の皆様と関わる中で、その思いが確信となりました。

 保護者の皆様には、4月に行われたPTA総会の出席率の高さ(7割を越える出席率)にまず驚かされました。PTA整備作業では黙々と作業に打ち込み、短時間の間に見違えるように校庭を整備していただきました。運動会の片付けでは、児童応援席のテント撤収に進んで協力していただき、その輪がみるみる広がっていき、あっという間に撤収が完了してしまったことも驚きでした。校内音楽発表会や学習発表会、持久走記録会等、学校行事にはいつも大勢の保護者の皆様に、子供たちの頑張る姿を見取っていただきました。また、PTA活動におきましても、運営委員の皆様を始め、各部員の皆様に御尽力いただきました。

 地域の皆様には、子供たちの登下校時の見守り活動、読み聞かせや学校図書館整備ボランティア、シニアクラブの皆様による昔の遊び体験講習、健康クラブの皆様とのふれあい活動などで、学校の教育活動を後押ししていただきました。また、校外活動におきましても、3年生は、さすき園にて『お茶学習』を、2年生は『まち探検』、6年生は『キャリア教育』の一環として、地域の工場やお店にてインタビュー活動をさせていただきました。中には職業体験もさせていただいたところもあったと聞いております。

 はつくら寺子屋、はつくら児童センター、こども食堂。その他にも公民館主催の様々な活動において子供たちが大変お世話になりました。

 ある書物に、「両者にとってそれぞれ有意義なものでなくては“融合”とは言えない。」と書かれていました。両者がウインウインの関係になって初めて『融合』が成立すると言うことです。本年度の活動が皆様にとっても有意義な活動となっていれば幸いです。

 お忙しい中、本校の教育活動に御尽力いただき誠にありがとうございました。来年度も引き続き、御理解、御協力をよろしくお願いします。 

   (校長 萩原 一広)

 
  角丸四角形: ◆ 2/28(金)時点での学習進度について

新型コロナウィルスの感染防止対策として、島田市内の小中学校も3/2(月)より、臨時休業の措置を取りました。突然の臨時休業に戸惑いもありましたが、学校最終日となった2/28(金)には、六年生を送る会を1週間前倒しで実施。その後、休業準備を整え、子供たちをなんとか下校させることができました。
学年末を迎えたこの時期、学習面についても御心配をされていることと思いますが、どの学年も学習内容はほぼ終了しております。一部未履修の単元を残した学年もありますが、その単元につきましては、新学年で学習していきます。
今後取り組む予定であったテストやプリント類については、3/17(火)修了式の日に配付し、休業中の課題としていきます。詳細は、学年からのお便りで御確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2020年4月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9